誰でもできるオリジナルTシャツのデザイン方法をお伝えします

今回は誰でも簡単にできるオリジナルTシャツのデザイン方法をお伝えしたいと思います。まずオリジナルTシャツをつくる時に知っておくといいことは、世界にひとつだけのものをつくれるかということだと思います。自分でデザインしたイラストなどを使うことでさらにオリジナル性が高くなります。販売されているものとどれだけ違いが出せるかが重要なポイントになってくると思います。どんなデザインにするかも大事ですが、どんな色にするのかも重要になってきます。色はパっと見たときに一番印象に残るものだと思います。色にはそれぞれ効果があり、赤色は元気になったり、黄色は集中力があがったりするなどがあります。どんな印象を与えたいかによってその目的にあった色を選ぶことで、さらによりよいオリジナルTシャツを作ることができると思います。

世界に一つだけのオリジナルTシャツを作ろう

オリジナルTシャツは高校の文化祭などで作る機会があると思います。そこで大切になってくるポイントはみんなが納得できるデザインにすること、オリジナル性が高いことだと思います。デザインに文字を入れるとイラストだけのデザインよりもさらにメッセージ性が強くなります。真ん中に大きく一文字だけ入れるのはインパクトがあってとても印象が強くなると思います。四字熟語などを入れれば伝えたいメッセージが強くなってわかりやすくなると思います。あまり目立たせたくない方は英語で小さめに入れてみると少しおしゃれでさらにデザイン性もあって良いオリジナルTシャツになると思います。さらに文化祭などで使うオリジナルTシャツだけではなく、普段使いとして使うなら文字だけを入れたものならシンプルで様々なファッションに使うことができると思います。

普段でも使えるオリジナルTシャツを目指す

自分でオリジナルTシャツを作るととても印象に残っていて大切なものになります。そんな世界に一つだけの大切なオリジナルTシャツを作ったら、普段でも使えるようなデザインになったらうれしいと思います。さりげなくおしゃれなデザインにできたらとてもいいものが出来上がること間違いなしです。ちょっとおしゃれな写真をTシャツに使うことはよくあるものでしょう。そのよくあるデザインで例えば自分の家で飼っているペットの写真などを使って作成すれば愛着が湧いてくると思います。このようにイラストを入れたり、写真を入れたりするだけではなくて、全体的に柄を入れたり絞り染めなどの技術を使って自分の好きな柄にしてみるのもおすすめです。まずは今までにないようなデザインを考えて作ることが大切だと思います。