ホタレンジャーでより良い環境を子どもたちへ

地域のいたるところで環境活動、エコロジー活動がおこなわれていますよね。子ども達も環境の事を考えるようになりましたね。とっても良いことです。子どもたちも普段の生活の中で資源の使いすぎに気をつけたり、ごみの分別を覚えたりと成果はでているようです。環境省は子供向けの活動をおこなっているようですよ。そのひとつに、子どもホタレンジャーというのがあります。ホタルとレンジャーをかけているんでしょうね。ホタルはきれいな水と自然がないと育ちませんよね。ホタルが育つ水環境で、生き物を調べたり守ることが子どもホタレンジャーの活動だそうです。全国で活動が増えたら汚れてしまった水がきれいな川に変わっていく日がくるでしょうね。この子どもホタレンジャーはきちんと活動を見守ってくれているようで、参加団体の募集から指導や研修、優秀な活動団体を表彰してくれるそうです。いろいろな活動はたくさんあるけど、こどもに良い経験をさせる活動の一つですね。子どもにはもっと身近なものにも目を向ける力をつけてほしいものです。植物や生き物をそだてるのが難しいことでこれは経験からしか覚えられない事ですよね。クラスで何か生き物をかったりしますが、一部の子どもたちが関わるだけで、経験とまではなかなかいかないようです。こどもホタレンジャーのような活動をとおして自然を大切にできる子どもに育って欲しいと思いますよね。本当に全国にホタルがみられるようになったら・・・なんて素敵ですね。