占い師というのは、どのような仕事のスタイルがあるのでしょうか。
これは、多くの方が疑問に思っていることです。

もっともイメージとしてあるのが、対面鑑定です。
これは、プロと相談者が実際に顔を突き合わせて行うものです。
場所は、占い専門店を構えている方もいますし、自宅を仕事場としている方もいます。
また、出張して鑑定するというスタイルもあります。

次に、ライターです。
これは、新聞や雑誌などに掲載されている占いのページに、原稿を執筆すると言うものです。
最近では、新聞や雑誌といった紙媒体だけではなく、テレビや携帯電話、インターネット上のコンテンツに執筆するという方も増えています。

次に、電話鑑定です。
これは、相談者から電話がかかってきて相談を受けるというものです。
なおこの場合、料金は相談者が持ち、電話料金に上乗せされるスタイルもあります。
電話は直接かかってくるのではなく、転送されてくるのが主流です。
電話をメールにしたのが、メール鑑定となります。

もっとリアルタイムにオンライン上で鑑定をする場合には、チャットで鑑定をするというのもあります。

そして、イベントなどに出向いて、その場でお客を鑑定するというものもあります。